スカッシュの試合の進め方

スカッシュのルールに引き続き、スカッシュの試合の進め方についても説明していきます。

ここでは、まず“5つの基本的スカッシュ用語”を理解しましょう。

 

5つの基本的スカッシュ用語

用語 【サーブ】
 

サービス権は、スカッシュのラケットをスピンして決めるのが通常のやり方です。

『最初は、何をしているのかな〜』なんて思うかもしれませんが、ジャンケンなどは用いませんので、くれぐれも注意。

サービス権を得たら、サービックスボックスに片足、もしくは、両足を入れて相手のコートにサーブを打ちます。


用語 【レシーブ】
 

レシーブは、サーバーの打ってくる球をワンバウンドした後、もしくは、ノーバンドで正面に打ち返すことです。

用語 【ラリー】
 

正面の壁に、ノーバンド、もしくは、ワンバウンドで球を打ち返す。
この場合、天井やラインにあたってしまった場合は、アウトとなります。
もちろん、ボールがツーバウンドしてもアウトとなります。


用語 【セッティング】
 

ハンドアウト方式というルールの時、8対8になった時点で、追いつかれた人が『後1点、もしくは2点先得』かを選択できる。

ラリーポイントの場合は、15点制の場合1点、または3点の選択となる。
11点制の場合は、10対10から2点差が付くまで行う。


用語 【アピール】
 

相手が邪魔な場合、もしくは故意的に邪魔された場合、『ストローク』と審判に叫べば妨害とみなされポイントを獲得できます。

次へ:『スカッシュの道具:ラケットとボール

参考になったらクリックして下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加